カラーグレス全国通信販売

白髪染めってどんな種類があるの??

「白髪染めってどんな種類があるの??」

a0001_017593

「白髪がだんだん気になってきた...私にはどんな染め方が良いんだろう...」

白髪染めといっても、世の中にはたくさんの白髪染めがありますが、どんな種類があるかご存知でしょうか?わからないという方のために、「4種類の白髪染め」についてまとめました。

①ヘアカラー(アルカリカラー)

白髪染めの中で最も多いタイプです。近年では、薬剤の種類も多く、クリームタイプ・泡タイプ・ジェルタイプ・液状タイプなどがあります。

【良い点】

一旦色素を分解してから染めるので、安定した染め上がりになり色が長持ちします(約2ヶ月程度)

【悪い点】

一度脱色(ブリーチ)した状態で染色(カラーリング)をするため、毛髪や頭皮への負担が大きく、敏感肌の方は特に注意が必要です。

②ヘアマニキュア

トリートメントタイプの白髪染め。クリーム状・泡状タイプなどがあります。

【良い点】

ヘアカラーと違って、色素分解、脱色(ブリーチ)はせず、髪の表面のみを染める仕組みなので、毛髪や頭皮へのダメージが少なく、髪につやを与えてくれます。キューティクルを守って髪をコーティングするため、ヘアトリートメントとしての効果も期待できます。敏感肌の方や毛髪のダメージが気になる方には良いでしょう。

【悪い点】

ヘアカラーに比べると色のもちが短かく(約1ヶ月程度)、染まりが浅く、地肌についてしまうと、なかなかとれないということもあげられます。シャンプーを重ねると色があせてしまう。

③植物へカラー(へナ、香草)

植物性のヘアカラーで主にパウダータイプなどがあります。

【良い点】

天然の植物性成分のみのため、髪や頭皮にダメージが少ない、継続して使用することで、髪にツヤやコシ、ハリが出る。

【悪い点】

使い始めは髪がキシキシ、ゴワゴワしたり、パサつきやすい。白髪部分は赤茶色~オレンジ色に染まる。黒髪はほとんど染まらない。

④カラートリートメント

代表的なもので、利尻昆布トリートメントやルプルプトリートメントなどがあります。毎日のシャンプーで徐々に白髪を染めていく方法です。

【良い点】

手軽に染められ、シャンプーをする度に徐々に染まっていくので、伸びてきた部分の白髪を気にする必要がない。

【悪い点】

即効性がないため、すぐに染めたいという方には不向きです。色のバリエーションが少ない。

4つの白髪染めについてご紹介させていただきましたが、その中でもヘアカラー(アルカリカラー)には、身体に有害な成分がた~くさん含まれています。

毛染めをすると、「地肌がヒリヒリする」「ヘアカラーをするとかゆくなる」という症状のある方は要必要!

そのままほおって置くと、数週間かぶれが続いたり、目や顔が腫れるなど症状がどんどん悪くなり、ヘアカラーができなくなる可能性も...

当店では身体に安全で不快なくへアカラーができる方法があります。お悩みの方は下記までお気軽にご相談ください。

メールから相談する → メール

電話から相談する→0134-22ー0570