カラーグレス全国通信販売

髪がパサつく乾燥の原因って?対策もご紹介します!

肌寒いこの時期、

a1

いつもより、

「髪がパサパサ」 「広がる」 「うねる」

「まとまらない」「静電気がおきる」

こんな経験ありませんか?

ヘアカラーをしているのが原因?

パーマをかけているのが原因?

それだけではないんです!

この時期、

最も多い原因は、

乾燥です。

気が付かないうちに、

髪の水分量がどんどん減少していきます。

では、

どうして髪が乾燥してしまうのでしょう?

髪や肌が乾燥する原因について

まとめました。

この時期気をつけたい!!

髪が乾燥してしまう4つの原因と対策

①空気の乾燥

冬は、外の冷たい風、部屋の中のエアコンに注意が必要です。

エアコンの風に直接あたっていると、

静電気が起きやすくなったり、

髪の表面がゴワつく原因になります。

②ドライヤーのかけすぎ

髪の毛にとって一番のダメージが、乾燥状態をつくること。

 髪の毛にとって必要な水分を残すためにも、

余分な水分はタオルドライでしっかりと押さえることが大事です。

③摩擦

洗髪後にタオルでゴシゴシするのはNG!

キューティクルが開いていて、

一番ダメージを受けやすい状態なんです。

表面のキューティクルが傷み毛髪の内部の水分が失われやすい原因に。

タオルで髪の毛を押すような感じでしっかりと水分を拭き取りましょう。

④ 静電気

乾燥したところでブラッシングすると、

摩擦で静電気が起こりやすくなります。

静電気をなるべく起こさないためにも、

プラスティック製のクシやブラシを使うのは控えたほうがいいでしょう。

木製のブラシにかえるだけでも静電気は起こりづらく、

髪への負担とダメージも軽減されます。

髪と肌の乾燥でお悩みの方はこちら!

↓ ↓ ↓

https://fbcart.jp/item/3589/38824/17312/

静電気がおこりにくい木製ブラシはこちら!

↓ ↓ ↓

https://fbcart.jp/item/3589/36617/17312/

 

髪の乾燥でお悩みの方はこちらまでお気軽にご相談ください。

メール

0134-22ー0570