カラーグレス全国通信販売

プロが教える市販ヘアカラーの色選びに重要な2つのポイント

市販のヘアカラーで染めている方、見本通りの明るさ、色になったという方はどれほどいるでしょうか?おそらく、「染めても見本のような色にならない...」「明るくなりすぎた...」と経験された方も多いでしょう。

ヘアカラーは、単にカラーの見本品だけで選んではいけません!!ドラックストアへ行くと、たくさんのヘアカラーが置いてあります。

ホームカラー-332x221

アッシュ系、赤系、ピンク系...似たような色がた~くさん。色選びだけで、相当な時間がかかると思います。当然のことですが、髪の毛は十人十色。髪質・傷みの状態・白髪の量など、髪の状態次第で、色の出方が全然違ってきますが、ちょっとしたポイントを知っておくだけ、効率よくご自分に合った色を選ぶことができますよ。

そこで今回は、市販のヘアカラーで失敗しないヘアカラーの色選び2つのポイントをご紹介します!

①あなたの瞳の色はどっち?

【明るい方】

a0001_012485

瞳同様、地毛の色も明るい方が多い傾向なので、希望の明るさ(番号)よりも1つ、2つ暗めを選ぶといいでしょう。

【黒い方】

a1180_014819

こちらも瞳同様、地毛の色が黒い方が多い傾向なので、希望の明るさ(番号)よりも1つ、2つ明るめを選ぶといいでしょう。

②あなたの髪質はどっち?

a5

【細くてやわらかい方】

ヘアカラーをすると黄味がでる傾向があります。ブラウンで染めた場合には、やや黄味のあるブラウンに仕上がり、アッシュ系で染めた場合には、黄色+青(アッシュ)で緑味のあるブラウンに仕上がります。

黄味をださないポイントは、バイオレットブラウン(紫色)で染めるときれいなブラウンに仕上がりますよ。

【太くてかたい方】

ヘアカラーをすると赤味がでる傾向があります。ブラウンで染めた場合には、やや赤味のあるブラウンに仕上がり、アッシュ系で染めた場合には、赤色+青(アッシュ)で紫味のあるブラウンに仕上がります。

赤味をださないポイントは、マッドブラウン(緑色)で染めるときれいなブラウンに仕上がりますよ。

色選びの参考にしてくださいね(^^)

「色選びが面倒くさい...でも自分の理想の色にしたい!」

という方へ、ドラッグストアへ行く必要なし!色選びに時間をかけて悩む必要なし!美容師があなたのご希望に合わせて色を選びます!詳細はこちら↓↓↓

【自宅用】カラーグレススタンダードセット

トリートメントいらずの安心安全ヘアカラー(カラーグレス)はこちら

ご自宅、施設へ訪問します!小樽訪問理美容センターはこちら

H29年度 成人式プランはこちら

医療用ウィッグについてはこちら

髪がまとまる木製マッサージブラシはこちら

予約が便利になるヤスエアプリはこちら

厳選したヘアケア商品をご紹介!ヤスエショップはこちら

メール
0134-22ー0570